重いものを持ったり靴下をはく動作で股関節が痛い(保育士・50代女性)

先日来院されたYさんは10年ほど前から股関節痛があり、2~3年前から痛みが悪化。

痛みのせいで歩き方に違和感があり、お仕事で子供を抱っこする時にも痛みを感じられていました。

また、股関節が曲げられず、靴下を履く事にも一苦労な状態。

 

整形外科では変形性股関節症と診断され、コルセットを付けて過ごされていたそうですが、痛みは増す一方。

 

問診で詳しくお話をうかがい、さっそく“ゆびゆら整体”を使って体の調整をしていきます。

 

左右の手指をユラユラ~、足指もユラユラ~っと揺らすと股関節の痛みは軽減。

歩いた時の痛みもやわらぎ、立ったまま靴下を履くこともできるようになりました。

 

変形性股関節症で股関節の骨が変形していても、こうして指をユラユラ揺らしておけば痛みはラクになっていきます。

指を揺らすだけなので、股関節に負担をかけることもありません。

 

Kさんには最後に“セルフゆびゆら整体”もお伝えしました。

次回のご来院までの間に、Kさんには自宅や職場でゆびゆら整体を実践していただき、様子を見ていきたいと思います。

 

京都市北区・快晴整体院:遠藤 俊快先生

http://kaisei-seitai.com/blog/?p=4074