膝の軟骨がすり減る変形性膝関節症

この症状に悩む患者さんは、全国に1000万人いるとも言われています。

高齢化が進む日本で悩まれる方がとても多い症状です。

 

先日診させていただいた80代の女性の方も、変形性膝関節症で膝の痛みが強く、

“手押し車を押して歩いていて、自力歩行は困難。歩くと左右に体がぶれてしまう”

という状態でした。

 

施術をさせていただく前に痛む場所を確認すると、膝の内側の痛みが特に痛く、10cm×3cmほどの大きさの木板をグイグイ押し込まれるような痛みがあるとのこと。

ベッドに横になっていただき、ゆびゆら整体を使いながら施術をしていきました。

 

しばらく体をゆるめた後にベッドから立ち上がっていただくと‥‥

さっきまでは立つ事でさえツラそうだったのに”スッーと立ち上がれる”ようになり、それだけでなく、”スムーズに真っすぐ歩ける”ようになっていて、家族の方もよろこんでくださり良かったです。

 

変形性膝関節症の場合、血液検査で炎症などが出ていないと外科的処置ができず、痛み止めの薬や湿布を処方されるだけということもあるそうですが、整体で体をゆるめるという方法もあります。

 

ツラい痛みにお悩みの方は、1度ご相談ください。

 


京都市北区・快晴整体院

遠藤 俊快先生

【症例】変形性膝関節症。膝が痛くて自力で歩けない